季節はずれの雪を取り巻く風景~ベトナム戦争の後遺症

c0095596_1325626.jpg


ベトナム戦争帰還兵に関連する記事から抜粋しました。
メグスやデイビッドの暮らしていたベトナム戦争という環境、
そして帰還後に抱えた心の痛みを少しでも感じていただければと思い
このページを作成いたしました。
「季節はずれの雪」上演がこころの痛みを抱える人のみならず、
すべての人が人ゆえに心のなかに抱いている魂の痛みを
すこしでも癒すことを祈りつつ…・
                             オフィス夢の街


人間は戦争の道具ではない

アメリカではベトナム戦争後、「プラトーン」や「地獄の黙示録」と言った
反戦映画や戦争の後遺症に苦しむ人達の姿を捉えた映画がたくさん作られてきました。
それは兵士として戦争にかり出された人達だけの問題にとどまらず、
社会全体で考えなければならないほど事態が深刻であった事を物語っています。
先の湾岸戦争の時には化学兵器や劣化ウランを使用した兵器などによる
身体的な後遺症が問題になりました。
このように戦争の度事に色んな問題が発生しています。
しかし、多くは表には出ないまま軍隊内で起きたこととして闇から闇へと葬り去られて来ました。
言論が比較的自由な国だと言われているアメリカでさえこんな状態ですから、
言論統制の厳しい国の実体は、もっとひどいのではないでしょうか。
今度はアフガニスタンにかり出された兵士達が帰ってきて、
家族を殺害したり傷つけたりすると言う事件が起きて社会問題になっているようです。
軍当局も兵士のカウンセリング等を始めたと言いますから、
捨てては於けないような事なのではないでしょうか。
一方、ロシアでは脱走兵などが増え、徴兵制度そのものを見直さなければならないような事態になっているそうです。
人間は正義のためであれば我が身を犠牲にすることを厭いませんが、
理にかなわないような戦争には決して荷担できません。
先の太平洋戦争で、日本の兵士達があれほど過酷な戦場にかり出されても
文句を言わなかったのは、国や自分の家族を守り、明日の日本を作るのだという
大義名分を抱いていたからです。
結局、軍国主義教育による幻に過ぎなかった訳ですが、
アフガニスタンに動員されていったアメリカ兵と同じ立場であったとしたら、
彼らの心中は穏やかでなかったに違いありません。
憎しみも敵対心も全くない人達に銃口を向けることなど出来るはずはありません。
宗教心はなくとも人間の心には良心と言うものがあります。
その良心を押し殺してまで殺人が出来るとしたら、それは鬼です。
アフガン戦争のように爆撃が良心の呵責もなくできるのは相手の姿が見えないからです。
しかし、地上戦は違います。目の前に非武装の人達も子供もいます。
一方自らもどこかで狙われています。
その不気味な計り知れない恐怖心は益々自分を追いつめます。
そうなると敵ではない人間も敵に見えてきます。
恐怖心が加速され一般人か軍人かの見分けのつかないまま銃口を向けてしまいます。
ベトナム戦争の時には、多くのアメリカ兵がこの恐怖心と闘うために酒や麻薬に溺れていきました。
人間は闘う機械ではありません。相手を傷つけるだけでなく自らも深い傷を負ってしまいます。(このような事例が原因になって起こるメンタルな病をPTSDといいます)

心ある人間に理不尽な闘いを強いるものこそ同じ体験をさせてみたいものだと思っています。
前線に行くことなく前線の恐怖や苦しみと闘っているものの
心が理解できないようなものに政治や戦争を語る資格はありません。
先の太平洋戦争においてもそう言う人達が戦争を始め多くの尊い命を犠牲にしたのです。
その罪は計り知れないほど大きなものがあります。
私達自身、先輩や親や兄弟の多大なる犠牲のもとに
今日があることに思いを致さなければならないと思っています。
二度と再び「いつか来た戦争への道」を歩く事のないように、
心して厳しく法案の行く末を見守っていく必要があるのではないでしょうか。
8月6日には広島に8月9日には長崎に原爆が投下された日です。
これらの尊い犠牲を朽ちさせることなく、平和を守って行かなければならないと思います。

PTSD/ASD 
近年、凶悪な事件が増えており、そのような事件が起こった後には、
様々なメディアにPTSDという文字が現れるので、
皆さんも一度は目にされているのではないでしょうか。
PTSDとはPost Traumatic Stress Disporderの略で
心的外傷後ストレス障害と呼ばれています。
直訳すると、心の傷となるストレスを受けた後に生じる障害ということです。
火災、洪水、台風、地震などの自然災害、戦争、事故、レイプ、など
自分の身に危険が及ぶ体験をした、あるいは他者がそれらの危険に
さらされているのを目撃し、そのときに恐怖感や無力感、戦慄を覚え、
その体験が強烈なストレスとなり様々な症状を呈し、
日常生活に支障をきたす障害をPTSDと言います。
もともとは、ベトナム戦争において極限を超える悲惨な体験をし、
帰還したアメリカ兵の多くが心身に様々な症状を呈したことをきっかけに
本格的な研究がなされるようになりました。

その後、同じような症状を呈する人が戦争体験者以外にもいることが分りました。
日本では、阪神大震災や地下鉄サリン事件などの直後にPTSDの症状を呈する人が多く現れ、注目されるようになりました。
また、日常ではありえない恐怖体験をしたときのほか、虐待やいじめ、
DVなど日常的に強いストレスにさらされている場合もPTSDになりえます。
症状は精神面・身体面の両方に現れえることがほとんどで具体的には、
再体験(情動反応を伴う恐怖体験が思い出される。フラッシュバックとも呼ばれる)、
覚醒亢進(興奮状態が持続する)、感情の麻痺(無感動、無感覚)、
回避(似たような状況・場所、それに関する会話を避けようとする)が主なものであり、
そのほか、不安、パニック発作、退行(幼児がえり)、悪夢、情緒不安定、孤立感、
集中困難、不眠、幻覚、ささいなことにも過敏になる、過剰に驚くなどがあります。
日常のなかの何気ない光景や物音に反応して、当時の状況が思い出され、
そのときの恐怖感とともに、心拍数が上昇する、冷や汗をかくなどの症状を
呈することもあります。
こうした症状が一ヶ月以上続くとPTSDと診断され、それ以下(4週間以下)だと
ASD(Acute Stress Disorder:急性ストレス障害)とされます。
また、PTSDは自分が自分でないような感覚に陥る解離性障害と
深い関係があると言われています。
PTSD・ASDにはなりやすいという性格特性はなく、
誰でも極度のストレスを受ければなりうる障害です。
重篤な場合には感情面の麻痺状態から、
人格的・社会的にも破綻してしまうこともあります。
また、子どもの場合には、ひどい目にあうのは自分が悪い子だからだ、
と自罰的になることもあります。
最近では、PTSDの概念が広く認知され、衝撃的な事件や事故、
災害などが起こった場合には、精神科医や臨床心理士などの専門家が派遣され、
被害者の心のケアにあたっています。
[PR]
by officeyumenomachi | 2006-10-04 11:01 | 「季節はずれの雪」の世界
<< キャスト・スタッフのご紹介 季節はずれの雪フォトアルバム >>